袋掛(ふくろかけ)

去年も袋掛けというタイトルで書いた気がする。

ほとんど休みなく畑に行ってほとんど同じような生活をしているのだから、選ぶ季語も似たり寄ったりなのだろう。

去年は

朝の日を包んでやりぬ袋掛・・・陽 美保子

という句を書いた気がするが、

今年は

生まじめな顔あらはるる袋掛・・・井上康明

 

今年は友人が袋掛を手伝ってくれているが、性格がよく現れる。

私は雑なのでとにかくかけた袋が外れなければいいやという感じ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です