西瓜

今日、中学生の姪が私の曲を聴いて「イントロ長い」と言ってきた。

配信で音楽が聴かれるようになって、イントロが長い曲はすぐに飛ばされてしまう傾向があるらしく、ヒット狙いの方や、流行歌を作っている方々はイントロを短くするようにしていると何かで読んだことがある。

今までは「そうは言ってもな〜」と思っていたのだが、実際に「長い」と言われると気になるもので、どうしたものかと少し考えていたのだが、時代に合わせた形式で作ってみるのも面白いと思い始めた。俳句を始めたおかげかもしれない。

 

ご存知のように俳句の基本は五七五の17音、季語を一つ用いるなど、とても制約がある文芸だが、慣れてくるとその狭い空間を広く使えるようになってくる。

そんな風に歌を作るのも楽しめるかもしれない。

ありがとう姪よ。

その姪と一緒に西瓜を食べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です