お茶の勉強中なので様々なお茶を試しているが、あの高級茶「玉露」がどうしても苦手である。

私は旨味が強すぎるのがあまり好きではないようで、玉露や、宇治茶は普通煎茶でも旨味が強くてあまり得意ではない。

(「普通煎茶」は並みの品質の煎茶という意味ではなく、普通の煎茶よりも加工時に蒸し時間を長くした「深蒸し煎茶」に対応する呼び名で普通の蒸し時間で作った煎茶という意味で使われる。)

 

しかし試しに買った玉露の粉茶(製造過程で出来る茶葉の粉末。安い。)が余っているので、どうにかしようと氷水で抽出してみると、旨味が程よく抽出されて美味しく飲める。

よく缶やペットボトルのお茶で「玉露入り」とうたったものがあるが、以前は費用の関係で少し入れることしか出来ないとばかり思っていたけど、もしかしたら飲みやすさも考慮されていたのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です