コーラスを重ねた、声だけの曲を作っている。

Elliott SmithのI didn’t understandという曲がコーラスのみで作られていて、初めて聴いた高校生の頃、たまげたのを覚えている。

こんな曲がポップ・ミュージックの作品に収録されていることが当時は驚きだった。

BjörkのMedúllaという作品は声のみで作られていたが、あの作品はポップ・ミュージックの枠を超えていた印象だった。

 

Elliott Smithの曲を聴き返すと、かつてはどちらかといえば弾き語りの曲の方が好みだったが、バンドのアレンジの素晴らしさに鳥肌が立つ。

ライブは下手なのでCD音源で聴いた方が良いが、昔のフジロックに出演した時の動画がアップされている。

当時、2曲だけだったがWOWOWでも放送された。インターネットが普及してない頃だったので初めて見たElliott Smithのライブ映像で、録画して何度も見ていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です