煎茶よりも抹茶を飲む回数が増えてきたが、明らかに体の調子が良い。

やはり茶葉を丸ごと飲んでいるのが良いのだろう。

なるほどこれが茶が世界に広まった理由かと実感している。

鎌倉時代に栄西という僧が書いた喫茶養生記には

『茶は養生の仙薬なり。延命の妙術なり。山谷これを生ずれば、その地神霊なり。人倫これを採ればその人長命なり。』とあるが、

がん、動脈硬化、高血圧、高血糖・肥満などにも好作用があり、抗菌・ウイルス作用、消臭作用まである。

食品以外にも茶の成分が用いられていたりして

よくもこんなに人間に都合の良いものが自然にあったものだなーと思う。

 

今日、日本茶アドバイザーの通信講座の修了証書が届いた。

あとは試験を受けるだけ。

 

 

今日、鳥が群れをなして飛んでいたが、雁だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です