金木犀

ちょっとずつ忙しくなってきております。

 

来月の日本茶アドバイザーの試験について中止の連絡もないので、札幌行きの飛行機を取っていたが、行きの便が新たに発表された減便の対象に含まれていると連絡があり、慌ててチケットを取り直した。

ちょうどりんごの収穫の真っ最中の頃で申し訳ないが二連休となってしまった。

飛行機といえば、仕事が減った航空会社の社員の方々が農作業の支援を行っているという記事を見たが、私のいる園地にもJALから数名の方々が数日りんごの収穫に来てくれるようだ。ちょうど私が試験から帰ってくると来てくれているようなので、今回乗る飛行機がたまたまJALになったのは良かった。

 

肝心の日本茶の試験はなんとかなりそうな気がしている。

アドバイザーは初級指導者で、インストラクターが中級指導者という事で、やっぱりインストラクターにしておけば良かったとも思ったが、インストラクターの合格率は3割台と高くないので、今年受けていても落ちていたかもしれない。

来年インストラクターを受けてみようかと思う。

「若い頃にもっと勉強しておけば良かった」とよく聞く台詞があるが、そんな事は無くて、学びたいと思った時が一番の学び時だなと最近つくづく思っている。

 

 

金木犀は青森ではまず見かけず、私は金木犀の香りがわからないくらいだが、平川市の産直センターに苗木が売られているらしい。

以前はトイレの芳香剤の香りとして人気があったが、昔の臭いトイレを連想させることからどんどん人気が無くなって、最近ではほとんど見かけなくなってしまったそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です