春浅し

snarky puppyがグラミー賞で最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバムを受賞したと知り、久しぶりに聴きたくなって動画を見ていたら、この動画の6:30辺りからのフレーズがゾワっとするほど素晴らしいくて、信じられないものを見るように画面に釘付けになりました。

弾いているのはコリー・ヘンリーという鍵盤奏者でハモンド・オルガンの魔術師とも言われている人です。

呆然としていると、画面の中で同メンバーのショーン・マーティンという鍵盤奏者が私と同じような状態になっているのが映っていますし、観客も圧倒されているように見えます。

コリー・ヘンリーにどハマりしそうです。

 

 

今日はNHK俳句に投句しましたが、題が「葉桜」と「罌粟の花」で初夏の季語です。

まさか夏の歳時記を手に取ることになるとは。北国にいると歳時記と実際の季節感にズレがありますが、今頃が一番強く感じるかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です