春霖

昨日は少し雨が降る。

今日は曇り。

昨日からりんごの作業は花摘みに。

私のいっている畑がある地域以外ではあまり行われていないようだが、「新梢取り」という作業である。新しく伸びた枝には良い実がつかないので、新梢に付いている花は摘んでしまい、木の負担を軽減させるものである。

 

作業中、NHKラジオの聞き逃しサービスで、俳人の夏井いつきさんと宇多喜代子さんの対談「俳句の未来」という番組を聴く。

宇田さんが数年前にNHK俳句に出演していた頃に私は俳句を始めた。宇田さんが残したい季語は「春雨」「夕立」などの雨の名前だった。日本ほど雨の名前が多い国は他にないが、最近は季節の感じ方が鈍化してきているので危惧しているとのこと。

宇田さんの話はユーモアがあって、為になって相変わらず面白かった。

 

季節や天気の変化には鋭敏でいたい。

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *