水芭蕉

風が強く、気温よりも寒く感じる。

ハチも飛んでいるのをほとんど見なかったような気がする。

 

りんごにはうどん粉病にかかった花がよく見られる。

うどん粉病にかかった花はエーデルワイスに似ている。

 

アブラムシも出始めてきたが、この時期のアブラムシは薬剤のせいかすぐにいなくなる。

その後再び現れるのだが、そのアブラムシはなかなかしつこいのである。

 

今日のタイトルをどうしようかと思い、歳時記をめくっていると水芭蕉に目がとまる。

今年は志賀坊高原の水芭蕉は良いタイミングで見れなかったが、水芭蕉はサトイモ科だそうである。

私は今の畑に行くようになって耳にするようになったが、サトイモを津軽では「ずぎいも」と呼んでいる。

当初は「じぎいも」と聞こえていたが、「ずいき」が訛ったのだろうと想像し、調べてみるとやはりそうだった。

 

今日は久しぶりに歯科医院へ行き、奥歯を抜歯した。

抜かれた歯を見ていると思ったよりも喪失感があった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です