葉桜

強風の日。

梯子から落ちそうになるくらい。

 

宮沢賢治の星めぐりの歌をなんども聴く。

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ
ひかりのへびの とぐろ

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて

 

星座を基に星空の様子を描いているだけなのに

言葉の美しさと想像力でこんなに凄い歌になるものなのかと、何度聴いても思う。

「ひかりのへびのとぐろ」が特に良い。

 

家に帰ってから歌ってみた。

ライブはしばらくしないつもりだが、いつか披露できればと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です