植田

最近、じわじわと疲れたのか早く眠ってしまう。

 

田に水が張られたと思ったら、もう田植えがされているところもあった。

昨日今日は風もさほど強くなく、田の水面は綺麗に空を映していた。

 

仕事中、畑の傍の雑木林を見るともうずいぶん緑が生い茂って行きている。

夏山を「山滴る」というがなるほどと思う。これは漢詩が元になったものではあるが、

季語を知ると、過去の人たちの目を借りて季節の移りを見ている気になることがある。

 

 

夜は黒石にあるネパール料理の店に行き、カレーを食べる。

店員に長身で穏やかな顔つきのネパール人の男性がいるのだが、食べ終えた後にスーパーで買い物をしていると彼も買い物に来ていた。向こうも私に気づいて笑っていた。初めて話をしたが、体の芯まで優しげな印象だった。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *