夕立

今日で38歳になった。

 

いつも誕生日には仕事場で、平川市にあるももさわ菓子舗のプリンアラモードかバナナボートを用意してくれる。

ももさわ菓子舗は未だに値段が300円未満のケーキがあり、味も気取りがなくてホッとする、昔ながらの町の菓子店である。

今調べて知ったが、しっかりしたホームページを持っていた。

 

仕事中、NHKのラジオで文化講演会という番組を聴く。私の好きな歌人の永田和宏さんが上皇・上皇后さまの短歌を紹介するもので、興味深かった。

特に、永田和宏さんも素晴らしいとおっしゃっていたが美智子さまの

いまはとて島果ての崖踏みけりしをみなの足裏(あうら)思へばかなし

という御歌が強く印象に残った。

サイパン慰霊の際の歌で、自ら崖下へと身を投じた女性たちに思いを馳せられたものだが、その最後の一歩を踏み切る足の裏を詠むことで、悲しみや苦しみが読者に迫ってくる。短歌として秀逸であることよりも、そこに思い至ることが素晴らしい。

 

 

毎月10日と25日はNHK俳句の投句締め切りで、二句提出した。

題は「夕立」と「相撲」。相撲はもう秋の季語。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です