初秋

今日から秋の歳時記から題をとる。

初秋はしょしゅう、はつあき。立秋を過ぎた頃のこと。いまは二十四節気の「立秋」の真っ最中。偉そうにこうして書いているが、自分で忘れないように書いている。書いても忘れそうだが。

 

写真を撮ると、たまたま居合わせた知らない人が写っていることは多々あるが、時々この人は今どうしているんだろうかと考える。

同じように今まで、私もたくさんの知らない誰かの写真に写り混んでいて、アルバムに保管されていたり、パソコンの中に取り込まれていると思うと不思議な縁だなと思う。

 

今日は庭でとれた茄子とトマトとピーマン、他にタケノコ、じゃが芋、人参、玉葱などなど放り込んでカレーを作った。

 

 

初秋の口笛吹いて女の子・・・石田郷子

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です