今日は怠惰な1日。

ラジオの編集をやらなければと思ったのに結局やらないで、

たくさんメロンを食べて、お茶とコーヒーを飲み、何度もトイレに行った。

 

寝転がって、あぁ、今年は良いコートが欲しいなと思って調べた。

ペットボトルから作るエコダウンというのがあって、それを使ったダウンジャケットに惹かれている。https://www.privatelabo.jp/category/RESERVATION/43125037.html?condition=GENDER:G1

リバーシブルなのも良いね。茶色が欲しい。

 

今朝も紹介した神野紗希さんの有名な句に

寂しいと言い私を蔦にせよ

というのがある。

私はこの句に俳句を始めたばかりの頃に出会って、現代の俳句ってこうなんだとガツンとやられた。

この句は神野さんが高校生の時の作ということもあり、意中の相手に対して「寂しがって、常に私を思っていなさい」というようなことかとずっと単純に解釈していた。ご本人もテレビか何かで、冗談ぽく粘着質な恋の句だと言っておられた気がするのでそれも間違いではないかもしれないが、なんとなく最近は、「寂しいとさえ言ってくれたなら、蔦のように私はあなたを包み込むのに」とでも言おうか、もっとおおらかに包み込む母性のような気がしないでもない。でも、蔦に覆われた建物の鬱蒼とした感じとかを思うと、やっぱり最初の病んだ感じの解釈が近いかな。

この句は高校生を対象にした句会で、このブログでもたまに出てくる宇多喜代子さんが、他の審査員が難色を示す中で上位に推したそう。歳をとっても柔軟でいるのは素晴らしいね。

 

 

今日は最後まで怠けよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です