終戦日

終戦日。

私にとって、俳句などの文芸作品が一番戦争を近くに感じられるものである。詠み手の心情に乗り移れるような時がある。

堪ふる事いまは暑のみや終戦日・・・及川貞

 

予定通りギターが届く。

やはり大きさも音もちょうど良い。派手な音じゃなくて、低音がこもらない。

 

夜は久しぶりに姉一家と父母と私で食事に出掛けた。

甥がどうしようもないくらい食い意地をはっていた終戦日。お盆だね。

 

旅疲れは消えた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です