初秋

秋はいつも雲から感じる。

毎年鰯雲が出ていると、もう秋になってしまうんだなと思う。

「ねばりなき空に走るや秋の雲」

これは内藤丈草という松尾芭蕉の弟子の句。

ねばりなき空というだけで、秋の心地よさがよく出ている。今でも使う言葉ばかりで江戸時代の句に見えない。やっぱり俳句も面白い。

 

先週から朝晩には温かいお茶を淹れるようになった。今は八女茶。

明日は何もないので今日は夜更かし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です