稲の花

歳時記を見ていると、「稲の花」に目が止まる。

稲の花は見たことがない。

少し調べてみると、籾となる一粒一粒が別々に、雄蕊が6本に雌蕊が1本の花を咲かせるそうで、おそらく近づいてよく観察していないとわからないくらい小さい。そしてなんと花粉の寿命は数分しかないという。りんごの受粉期間は数日あるけど、それでも天候によっては気をもんだりするので、よく毎年お米が実るものだなと思う。

しかし「稲の花」の例句を見てもさっぱりわからない。

 

夜は久しぶりに温泉に。

 

今日は眠いので寝る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です