秋茄子

今朝はコインランドリーの掃除を終えてから、山に借りている野菜畑へ草刈りに。
いまは枝豆しか植えられていないので、ついついほったらかしにしてしまい草がすごいことになっていて時間がかかった。
間違えて2本くらい枝豆も刈ってしまった。

帰宅後、朝食を食べ、うっかり腐ったメロンを食べたあと、
昨日録ったラジオ編集を仕上げてデータを局へ送信してから眠る。

午後は相変わらず詞を書いたりしながら、なんとなく自分の腕を見ていると、
昔よく腕とふくらはぎから、「福毛」や「宝毛」と呼ばれる白くて長い毛が生えていたことを思い出す。
見ていた限り二本同時に生えていたことは無くて、いつもどちらか一方に一本だけ伸びていた。
縁起が良いとされているそうだが、当時はそんなことも知らずにただ面白いので大事に生やしていた。
友人は眉間からこの福毛が生え出したので調べたところ、仏さまの眉間にある突起が、伸ばすと4.5mほどの白く長い毛が丸まった「白毫」というものだと知り、
「ついに俺も仏に近づいたか」などと、一生悟りとは無縁そうなことを言っていた。
バカにして笑っていたが、本当は少しうらやましいと思っていた。

みうらじゅんさんの講演の動画を見てから
夕方は歯医者に行く。長い歯医者通いも先が見えてきた。
帰りに本屋へ行ってNHK俳句と短歌のテキストを買う。
「人間に生産性という言葉向けられており紺色の空」
という歌にどきっとした。

今のところお腹は壊れていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です