秋の風

明日は薪割り。

そろそろりんごの仕事も始まると思われる。

レコーディングまでには曲もなんとかなりそう。

歌詞は思ったようには出来ないが以前よりはずっと良くなった。
歌人の河野裕子さんが死を前に、「あと10年あったらいい歌作れるのに」とよく言っていたそうで、河野さんと同じと言うのは畏れ多いが、みんなそんなものかなと思う。

わたくしはわたくしの歌のために生きたかり作れる筈の歌が疼きて呻く・・・河野裕子

原田知世ファンである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です