雪間草

飲食店をやっている友人が、コロナの影響による経営支援のための無利息貸付を受けるそうだ。

私は今の所あまり困ってはいないが、音楽関係の知人にフリーランスの方が多いので気になっている。

開催したかったライブの企画も延期を決めてしまった。

昨日今日と天気が悪くて休みだったので色々と調べてみたものの、支援策はほぼ貸付で、結局は困ったら生活保護を申請するしかないようだ。

それで救済されるなら良いのかもしれないが、手続きもなかなか大変な場合もあるようで、

「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」と発言したドイツ政府が眩しい。

 

Twitterは様々な立場の意見を知るには良いけど、いちいち言葉が強すぎて辛くなる。

バカだのクズだの、そんなポンポン言うものじゃないよ。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です