菜の花

日本茶アドバイザーのテキスト、今は茶の歴史のところ。

江戸時代には一般の人々にも茶が浸透し、茶が含まれる諺なども出来てきたと書いている。

その例が「茶腹も一時」「茶にする」「お茶をひく」の3つ。

おかしい。全部知らなかった。

「へそで茶を沸かす」「お茶を濁す」は知ってるけど。

ネットで調べても良いが何となく辞書を引くと、「亜鈴」という言葉に目がいった。

鉄アレイの「アレイ」のことだが、こんな漢字だったとは。

こうして目的の言葉以外のことも覚えたりする、これが辞書を引く良さなのだろう。

 

畑で菜の花が咲いているのを見るようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です